FX口座開設|証拠金を納めて外貨を購入し…。

海外FX支持率ナンバーワンはXMtrading!
XM口座の最高レバレッジは888倍!
XM口座開設方法はこちら

「デモトレードを何回やっても、現実的な損害を被ることは皆無なので、心的な経験を積むことができない!」、「自分で稼いだお金で売買してこそ、初めて経験が積めるのだ!」と指摘する人もたくさんいます。
海外FXでは、「外貨を売る」ということから取引に入ることもできるわけですが、このように外貨を保有することなく「外貨の売却だけをした状態」のことも、「ポジションを持っている」と言われます。
売買する時の価格に差をつけるスプレッドは、FX会社の他に銀行でも異なる呼び名で導入しています。しかも信じられないことに、その手数料がなんと海外FX会社のおおよそ200倍というところが稀ではありません。
証拠金を納めて外貨を購入し、そのまま維持し続けていることを「ポジションを持つ」と言うわけです。逆に、キープし続けている通貨を売って手放すことを「ポジションの解消」と言うわけです。
トレードの稼ぎ方として、「値が上下どっちかの方向に変動する僅か数秒から数十秒という時間内に、幾らかでも利益を確実に掴みとる」というのがスキャルピングというトレード法というわけです。

トレードに取り組む日の中で、為替が大きく変動する機会を逃さずに取引するのがデイトレードというわけです。スワップ収入を目的とするのではなく、1日という制限内で何回かトレードを実施して、その都度小さな額でもいいので利益を生み出すというトレード方法です。
驚くなかれ1円の変動であっても、レバレッジが1倍の場合は1万円の損益になるわけですが、10倍の時は10万円の損益になるというわけです。一言でいうと「レバレッジが高くなればなるほどリスクも大きくなってしまう」と言えるわけです。
スワップというのは、海外FX取引を行なっていく中での2つの通貨の金利の開きからもらうことができる利益というわけです。金額の点で言いますと少額ですが、ポジションを保有している間貰えますので、馬鹿に出来ない利益だと言えるのではないでしょうか?
チャートの時系列的変化を分析して、売買するタイミングを決めることをテクニカル分析というわけですが、このテクニカル分析が可能になれば、買う時期と売る時期を間違うことも少なくなるはずです。
スイングトレードだとすれば、短くても数日、長期ということになると数か月という売買になりますから、毎日のニュースなどを基にして、数ヶ月単位の世界経済の状況を類推し資金を投入することができます。

スキャルピングとは、極少時間で薄利を取っていく超短期トレードのことで、チャートまたはテクニカル指標を基にして取り組むというものです。
海外FXにおける取り引きは、「ポジションを建てる~決済する」の繰り返しだと言うことができます。割と易しいことのように思われるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミングもしくは決済するタイミングは、とにかく難しいという感想を持つはずです。
スイングトレードというのは、一日一日のトレンドに大きく影響を受ける短期売買とは全然違って、「これまで相場がどういった動きをしてきたか?」といった分析が大事になるトレード法だと考えます。
金利が高めの通貨に投資して、そのまま保有することでスワップポイントが齎されるので、このスワップポイントをもらう為だけに海外FXを行なっている人も多々あるそうです。
メタトレーダー4というものは、プレステもしくはファミコン等の器具と同じように、本体にプログラムされたソフトを挿入することによって、ようやく海外FX取り引きをスタートすることが可能になるというものです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする